空港のアクセス方法にはいくつかの課題があります。

Parking in the yard

事前に準備をする

大学生協や旅行会社を活用しよう

ゼミ合宿とは大学のゼミが行う合宿のことで親睦旅行も兼ねていることが多いようです。工学部や農学部では実習にあたります。ゼミ合宿の内容は、学校祭の準備や卒業論文の中間報告、先生の講義、専門分野に関係する場所や施設の見学、観光などさまざまです。 ゼミ合宿の準備には、4月の最初の顔合わせで幹事を決めて企画を進めていくのが一般的です。勉強だけでなく、飲み会や遊び、スポーツなどの親睦会を盛り込み、みんなが楽しめるプランを立てることが成功の秘訣です。また、大学生協や旅行会社に相談することで、ゼミ合宿向けのプランを提案してもらったり、リアルタイムの空き情報や貸し切りバスの手配などを行ってくれるのでとても便利です。

ゼミ合宿の計画は早めに

ゼミ合宿は、7〜9月に行われることが多いです。これは、8月中にサークルやクラブの合宿が多いことと関係しています。そのため、5〜6月頃には見積もりを依頼すると、予定の変更などにも対応できるので計画が立てやすくなります。行き先は国内が圧倒的に多く、朝夕の食事付きで1泊2日で6千円〜1万円、2泊3日では1万5千円〜2万5千円が相場です。このほかに温泉宿なら別途入湯税がかかります。また、研究発表を行う場合、会議室やプロジェクター、スクリーン、ホワイトボード、マイクなどの設備が充実しているかも宿泊先を選ぶうえで重要です。無料貸し出しをしているところもありますが、これらのレンタル機器は有料のこともあるので確認が必要です。